個人再生手続(借金を減額する制度)の無料相談サイトです。神奈川県厚木市の弁護士が管理しています。

個人再生相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井


TOP
所属弁護士
個人再生とは?
個人再生の流れ
お客様の声
住宅ローン
費用
対応地域
相談予約・地図
相談時準備資料
ケース紹介
Q&A

事務所

<概要>
相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
   雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日祝日も可能です
--------
<主要業務エリア>
神奈川県全域の個人再生事件を扱っています。



小規模個人再生手続とは

個人の方が借金を減額してもらうために利用する個人再生手続。

この個人再生には、2種類あります。

小規模個人再生手続給与所得者等再生手続です。

大きく違う点は、債権者の多数が反対した場合、小規模個人再生手続だと不認可、給与所得者等再生手続では認可、という点です。

債権者の多数が反対してきそうなケースでは、給与所得者等再生手続を選んだ方が無難です。

個人再生


ただし、給与所得者等再生手続は、使える人が限られています。

給料のように安定した収入があることが前提です。
また、過去7年以内に自己破産をして免責許可決定を受けている人は使えません。

これに対して、小規模個人再生手続は、自営業者でも使えますし、破産をした人も使えます。
給料のように安定した収入がある人は、小規模個人再生手続・給与所得者等再生のどちらでも選んで使えます。

利用できる人のイメージは次のようなものです。

個人再生利用者

小規模個人再生の方が、利用できる人は広く、給与所得者等再生を利用できる人はどちらも可能です。

債権者の反対があると通らない小規模個人再生手続ですが、現在の運用上、金融機関の債権者が反対することはほとんどありません。

そのため、給料をもらっているサラリーマン、公務員の方も、小規模個人再生手続を利用することがほとんどです。

裁判所に多く申し立てられているのも、小規模個人再生です。

じつは、給与所得者等再生には、デメリットがあります。それは、収入や生活状況によっては、個人再生の結果、支払う額が高くなってしまうことがあるという点です。

小規模個人再生よりも、支払額について1つ要件が厳しくなるため、年収が多い人や扶養家族が少ない人は支払額が高くなってしまう可能性があります。

これらの理由から、債権者が反対してきそう、というときにだけ、給与所得者等再生を使うのが一般的な手法になってきています。神奈川では、平成24年の個人再生申立について、9割程度は小規模個人再生での申立だそうです。

相談時に「小規模個人再生で大丈夫でしょうか?」という質問を受けることがありますが、相模川法律事務所が関わった事件で、債権者の反対が多く個人再生が失敗したケースはありませんので、あまり心配しすぎないようにしてください。

もちろん、ご希望があれば給与所得者等再生の利用もできます。

当事務所にご相談いただいた場合には、債権者の状況を見て、みなさまにとって有利な方法を提案させていただきます。

小規模個人再生手続の利用をお考えの方は、ぜひ一度無料相談を受けてみてください。

□ 個人再生とは?



個人再生相談版TOPへ