個人再生手続(借金を減額する制度)の無料相談サイトです。神奈川県厚木市の弁護士が管理しています。

個人再生相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井


TOP
所属弁護士
個人再生とは?
個人再生の流れ
お客様の声
住宅ローン
費用
対応地域
相談予約・地図
相談時準備資料
ケース紹介
Q&A

事務所

<概要>
相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
   雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日祝日も可能です
--------
<主要業務エリア>
神奈川県全域の個人再生事件を扱っています。



FAQ

Q.不動産の一部が他人名義の場合、どう評価されますか?

個人再生手続では、財産以上の支払をしなければなりません。ここでいう財産には、不動産も含まれます。

不動産の一部が他人名義の場合、たとえば、以下の図のように、義父の土地上に建物を所有していて、土地にも建物にも住宅ローンの抵当権が設定されている場合。本人の持っている建物の価値はいくらと評価されるのでしょうか?

本人の部分としては600万円ですが、敷地も含めると2400万円となり、抵当権が設定されている住宅ローン額を上回る場合に、本人部分の価値をいくらと評価するのか、問題になります。

義父の土地上の建物


この問題は、ローンの1200万円をどのように割り振るかという話になります。

全国的には、まず申立人の部分からローンに充てるべきという運用がされていて、神奈川県内でも、申立の部分では、このような運用をするようになりました。
つまり、住宅ローン1200万円は、まず申立人分に600万、足りない部分を敷地部分に600万あてる。
敷地部分の価値は、1800万-600万=1200万。
建物と利用権の価値は0円と評価することになります。

このような土地上の建物の場合、神奈川県内では従前、違う運用がされていたことから微妙な問題を含んでいます。専門家に相談しながら進めた方が良いと思います。


義父の土地



個人再生相談版TOPへ