個人再生手続(借金を減額する制度)の無料相談サイトです。神奈川県厚木市の弁護士が管理しています。

個人再生相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井


TOP
所属弁護士
個人再生とは?
個人再生の流れ
お客様の声
住宅ローン
費用
対応地域
相談予約・地図
相談時準備資料
ケース紹介
Q&A

事務所

<概要>
相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
   雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日祝日も可能です
--------
<主要業務エリア>
神奈川県全域の個人再生事件を扱っています。



FAQ

Q.同居家族、同居人の必要書類は何ですか?

家族

個人再生では、同居人、同居家族に関する書類も原則として、必要になってきます。

一般的には、同居家族の収入を示す書類が必要です。

すなわち、給与明細や源泉徴収票の写し、市県民税課税証明書の写しなどです。

また、家計に関する支出に関しても必要になってきます。

光熱費関係では、支払の明細が必要です。

家計から保険料の支出がされている場合には、誰の保険なのか、同居家族の保険証券の写しも必要になってきます。

家計からガソリン代、駐車場代などが出ている場合には、同居家族名義の車であっても車検証の写しを提出します。

 

申立をする人が住んでいる賃貸物件が、同棲など同居人名義での契約の場合には、賃貸借契約書の写しも必要になってきます。

 

このように、申立人本人の収入・財産以外の書類でも必要になってくるのは、家計に絡むからです。

将来の返済に家計状況は影響するため、同居人の収入や支出も考慮されることになるのです。

このような理由ですので、同居家族・同居人の協力が得られなかったり、打ち明けられずに個人再生を使う場合には、自分だけの家計の収支で支払ができるのかを検討することで、これらの書類を提出しないで進めることができる場合もあります。

みなさんの個別事情によって変わってきますので、断言はできませんが、同居人の収支を除外して、自分の収支だけで個人再生が認められるケースも何件もあります。

そのような事情の場合には、専門家に相談しながら進めた方が良いでしょう。

 

 



個人再生相談版TOPへ