個人再生手続(借金を減額する制度)の無料相談サイトです。神奈川県厚木市の弁護士が管理しています。

個人再生相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井


TOP
所属弁護士
個人再生とは?
個人再生の流れ
お客様の声
住宅ローン
費用
対応地域
相談予約・地図
相談時準備資料
ケース紹介
Q&A

事務所

<概要>
相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
   雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日祝日も可能です
--------
<主要業務エリア>
神奈川県全域の個人再生事件を扱っています。



FAQ

Q.定年退職が近い場合でも個人再生は使えますか?

定年退職が近い時期でも、個人再生は使えることは多いです。

ただ、定年が近い時期に個人再生手続きを利用する場合には注意点があります。

個人再生手続きでは、原則として3年間の分割返済をします。
特別な事情があれば、この期間は5年まで延ばせます。

返済をする前提として、継続的な収入があることが必要とされます。


そこで、定年退職により、収入がなくなることが見込まれる場合には、将来の支払可能性、つまり履行可能性があるのかが問題視されます。

この点、定年退職後でもあっても、再雇用制度があるとか、雇用延長、具体的なアルバイト、年金収入などから、返済ができると見込めるのであれば、個人再生は利用できます。


実際に、定年まで1年程度という人でも、個人再生が認められたケースもあります。

 

また、定年退職との絡みでは、退職金が問題になることもあります。

退職金制度がある場合には、将来の返済が不安視されても、退職金を取り崩すことによる返済ができるということで、履行可能性が認められることもあります。

 

この点、裁判所での再生計画案の認可決定前に、退職時期が来てしまうと、退職金の清算価値が高くなってしまうことになるので、将来の返済にも大きな影響が出ます。


したがって、定年退職の時期が迫っている方で、個人再生手続を検討している人は、少しでも早く動いた方が良いでしょう。

 

 

個人再生相談版TOPへ