個人再生に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.自動車の価値はどのように評価されますか?
個人再生相談風景

FAQ(よくある質問)

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.自動車の価値はどのように評価されますか?

申し立てをする際に、持っている自動車については、査定価値が財産として評価され、清算価値に加えられます。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.29

査定書などが必要になりますが、償却期間(普通車6年、軽自動車4年)が経過している場合には、裁判所によって無価値とみなしてくれる場合もあります。

査定方法については、ネット上の無料査定や一括見積りでも問題ありません。

メールで査定額をもらい、印刷して提出することでも問題ありません。

印刷環境がなければ、依頼した弁護士のメールアドレスに転送してもらえれば、事務所で印刷し、提出準備を進めます。

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

【JADRI公式】一括査定.com

 

査定では、はっきりと●円とされるのではなく、一定の幅をもたせた記載がされることが多いです。

20万円~30万円などという幅をもたせた記載です。

このような記載の場合には、中間値を採用することになります。

 

他にも財産があるなど、清算価値が大きい場合には、複数の見積もりを取得した方が良いこともあります。

清算価値基準での支払になる場合には、査定額が高すぎると、支払い額が増えてしまうので、適正な査定額を確認するため、複数の見積もりをとった方が無難です。

 

楽天の愛車一括査定!

 

評価額の資料については、ご依頼後の裁判所への申立準備時にあれば大丈夫ですが、ある程度、財産額があるような場合には、将来の支払い額にも影響し、個人再生がそもそもできるのか、という方針に影響しますので、簡単に査定価格くらいは把握しておいた方が良いでしょう。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ページトップへ