個人再生に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.根抵当権が設定されている場合も住宅ローン条項つきの個人再生はできますか?

FAQ(よくある質問)

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

FAQ(よくある質問)

 

Q.根抵当権が設定されている場合も住宅ローン条項つきの個人再生はできますか?

根抵当権であっても個人再生は使えます。


住宅ローン条項つきの個人再生手続を使う場合には、住宅ローンの抵当権が設定されていて、それ以外の抵当権が設定されていないことが必要です。

ここでいう「抵当権」には根抵当権も含まれます

住宅ローンを組んだときに、抵当権ではなく根抵当権が設定されている場合でも、その根抵当権を使って他の借金が担保されていなければ、個人再生手続を使うことはできます。

この場合、銀行などの住宅ローン債権者から、根抵当権の対象が住宅ローンだけであるという書類をもらうことになります(弁護士にて対応します)。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ページトップへ