個人再生に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉厚木市女性30代事例

ケース紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

ケース紹介02  B さんの事例 

厚木市在住 ( 会社員 / 30代 / 女性 )

借入の理由:夫が無職 家計補助 債務総額 670万円


30代の女性の方のケースです。

消費者金融からの借り入れをしており、常に生活費に充てていました。

借り入れをした当初は、夫が働いており、返済できている状況でしたが、その後、夫は無職に。

就職活動が難攻し、無職の状況は5年続いていました。

それにより、相談者が家計を支えるしかなくなりましたが、月収は19万円。借金が膨らんでいきました。

夫の両親から援助を受けながら返済を続けるも、会社の業績悪化から自身の残業代も減り、返済目途が立たず、相談にみえました。


資産状況

所持金は20万ほどで、見込まれる退職金から支払える額を計算しても併せて33万円ほどでした。


手続きの方針・結果

事件の受任後、取引履歴の取得により、大手金融会社で完済していた債権について、過払い金が発生していることが判明、その他の債権者に対しても法定金利で引き直し計算を行った結果、全体で670万円あった債務が、利息制限法を適用し、470万円に圧縮されました。

これらの経緯を経て、計画弁済額での支払いをすることを希望、10万円未満の債権者については一括支払い、その他の債権者には3年間、毎月2万7000円返還することとなりました。

今後の弁済額は、再生手続きにより100万円に減額されました。
過払い金も返済資金に充てられています。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ページトップへ